Topics

豊盃を楽しむ会2005年9月25日


第3回「食と遊ぶ会」を開催しました。
topics_9_25_2005_a
今回は、わざわざ青森県弘前市から豊盃(ほうはい)の三浦酒造場さんをお招きして行いました。

三浦酒造さんは当主の三浦義男さんのもと、息子さんの慧さん、孫の剛史さん、文仁さんが造り出す家族ぐるみの酒です。

今回、杜氏代理の文仁(ふみのり)さんに来ていただき、いろんな話をうかがいながらの楽しい会になりました。自らは「ぺーぺー製造担当」と名刺の肩書きにもある様に控えめで、優しそうな「癒し系」の青年です。酒造りの話になるとその目の中にきらきらと輝く情熱と自信とがうかがえました。

当日のラインナップ

①豊盃 つるし酒 大吟醸(山田錦)鑑評会出品酒
県外不出の希少酒、ふくらみすぎず上品な仕上がり、早くも期待が高まる

②豊盃 純米吟醸(華想い55)
今度はぐっと華やか、爽やかな吟醸香が楽しい一本。

③豊盃 純米吟醸(豊盃米55)
おっと、これまたすっきりとした純吟、バランスよく丁寧な造り。旨かった。

④豊盃 特別純米ひやおろし(豊盃米)お燗 
今回のイベントで是非試したかったのがお燗酒です。燗上がりして評判よし!

⑤豊盃 特別純米(華吹雪)お燗
こちらも冷で飲むよりぐっと良くなりました。少し気温が暑かったけど旨かった。
このあと、なんとつるし酒のお燗も登場!大吟の燗もうまいことうまいこと。是非お試しあれ

⑥豊盃 活性にごり酒 雪燈籠
シャンパンと同じ製法で造った酒、これも希少酒でまず手に入りません。文仁自ら全員にお酌して回りました。

⑦豊盃 本醸造“ん”
いわずと知れた本醸造、これの燗もいいですね。

⑧豊盃のしこみ水

この会の前の週にスタッフと北海道へ研修旅行に行ってきました。
その時買い付けてきた、縞ホッケと一本漬けの烏賊の沖漬けをお出しすることが出来ました。
三浦さんと参加された方々との交流も微笑ましく、楽しく有意義な会となりました。

topics_9_25_2005_b